読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コットンポットたけし

なにげない疑問をとことん追求します!

自分を好きになるには?

こんばんは(^^)/

 

たけしです!

 

 

突然ですが、皆さんは自分のことを好きですか?

 

私は昔、自分のことが嫌いでした。

 

小学生、中学生、高校生、大学生の頃からとず~っと嫌いでした。

 

それは人と比べて自分に持っているものがあまりにも少なかったからです。

 

昔から友達もあまり多くなく、寡黙な少年であった私は、外で遊ぶこともなく、家でゲームをして一人で遊ぶことが多かったです。

 

その方が私としては楽だったし、周りの人に比べられて笑われることもないので、そうしていました。

 

だから、一人でいる時間が誰よりも多かったかと思います。

 

そんな私でしたが、高校では弓道部に入り、部内では仲の良い友達も多くでき、友達と外で遊ぶ機会も増えました。

 

しかし、振り返ってみると高校での3年間は私にとっては充実した時間ではありませんでした。

 

高校での部活への取り組みは中途半端であったし、授業も寝てばかりで、これと言って何かをやり切ったというものがなかったからです。

 

そして、大学へ入りもっと色んなことに挑戦し、頑張ろうと決心しました。

 

しかし、大学での私は大学の授業と宿題、バイトに明け暮れる毎日で、私にとってはやはりもの足りない日々でした。

 

ある日、ふとしたきっかけから私は大学で先輩と知り合うようになり、その先輩の知り合いを紹介して頂きました。

 

その先輩に私の悩みを聞いて頂き、そんな私に良い本があるよと本を紹介して頂きました。

 

その本は『聖書』でした。

 

はじめ、私は、え、『聖書』ですか?と思いました。

 

私の問題は自分への肯定感の少なさ、幸福感の少なさでしたが、その答えは『聖書』だと言われました。

 

聖書を読んでみると、すべての答えは『愛』だと書かれていました。

 

そうか、私に足りないの『愛』だったのか、、、と気づかされ、はっとしました。

 

確かに、私は自分を愛せないことで辛かったのかと気づくようになりました。

 

そして、自分を愛せないのは、自分を愛してくれている身近な存在、家族や友人のことを分かっていなかったからだったし、この世界を作った神様が何よりも一人一人の人間を愛しているということを知り、とても私は感動しました。

 

愛してくれる存在がいることを知り、私は次第に自分を好きになれるようになったのです。

 

皆さんは自分を愛していますか。そして自分を愛してくれている存在に気づけているでしょうか?

 

もし、自分を愛せないで苦しんでいるであれば、自分を愛してくれている人がいないのか探してみてはいかがでしょうか?

 

 

今夜はこの辺で失礼します!

最後まで読んでくださりありがとうございました(#^^#)