コットンポットたけし

なにげない疑問をとことん追求します!

転職成功の秘訣とは?

はじめに

f:id:utakeshi:20190612154111j:plain

 

皆さんは転職を考えたことがあるでしょうか?

 

私は会社2年目の時に転職を考え始めました。

 

本記事では私が中小企業から大企業へと転職成功した話を通して、転職成功の秘訣をお伝えできたらと思っております。

 


もくじ

 

 

どうやったら転職できるの?

f:id:utakeshi:20180412072700j:plain

 

転職ってそもそもどうやったらいいのか分からない・・・

 

そういう方もいるかと思います。

 

基本的には新卒時の就職活動と同様で、

 

  1. 自己分析
  2. 業界・企業研究
  3. 面接・試験対策

 

この三つが重要となってきます。

 

また、これらを一貫してサポートしてくれるサービスとして、

 

転職エージェントサービスというものがありますので、

 

興味のある方は利用してみて下さいね!

 

  1. マイナビエージェント https://mynavi-agent.jp
  2. リクルートエージェント https://www.r-agent.com/
  3. dodaエージェント https://doda.jp/

 

こういったサービスは既に登録済み、でも転職活動を始めるのにも時間がない・・・!

 

そういう方もいるかと思います。

 

つまり有休が取れないという方もいるかと思います。

 

どうしても有休を取るのが難しければ、一度退職してからの転職活動するのもアリかと思いますが、個人的にはオススメしません。

 

というのも、転職活動の目的がブレてしまい、会社に就職することが目的になってしまいがちだからです。

 

しんどいかと思いますが、なるだけ、退職せずに転職活動をすることをオススメします。

 

 

転職活動の目的とは?

f:id:utakeshi:20190612163116j:plain


 

 

これは人それぞれかと思います。

 

給料アップ、人間関係、企業風土、やりたいこと、、、

 

こんな感じで様々あります。

 

私の場合は、給料アップ、企業風土の二つを軸に会社を探しました。

 

基本的に転職を考える方は今の会社への不満など、ネガティブな理由を持っているかと

思いますが、会社への不満だけでは転職をするにあたって動機が弱いかと思います。

 

企業側からすれば、そのような人は採用したいと思うでしょうか?

 

大事なのは、皆さんのやる気です。

 

そもそも今の会社に入る時、皆さんはどんな気持ちだったでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

おそらく、今よりもワクワクしていたのではないでしょうか?

 

転職においても大事なのは次の会社で何をしたいか、です!

 

企業の面接官もこの部分を重点的にみます。

 

そして、したいことに対して、

 

  • どんなスキル・経験を持っているのか?
  • 性格・ストレス耐性が職場環境に合っているのか?

 

を知りたいのです。

つまり、内定後、仕事を始めた際のギャップを埋める為に、

様々に質問をしてきます。

 

 

面接官は何をみている?

f:id:utakeshi:20190612162933j:plain

 

先ほども触れましたが、一言で言えば皆さんのやる気です。

 

転職も20代の場合と30代の場合において、求められるものは変わってきますが、

共通して言えるのはやる気かと思います。

 

20代のうちはより開発された能力よりも潜在的な能力、素質などを評価してくれます。

 

だから、多少スキルがなかったり、経験が浅くても問題ありません。

 

問われているのは将来活躍してくれるか、どうかです。

 

私が内定を頂いた会社ではスキル面では正直受かるのは難しい会社だったと言えます。

 

年齢も20代後半であった為、経験値もある程度必要とされるのが一般的です。

 

しかし、私の受けた会社ではより潜在能力を評価して下さいました。

 

潜在能力を見るにあたっては、現職でどのように仕事をしていたのか?です。

 

つまり、その人の行動特性、性格をみて判断します。

 

私の場合は、自己研鑽や素直・誠実な部分を評価して頂き、内定に繋がりました。

 

正直、これといったスキルがない私にはこれくらいしかなかったかと思います笑

 

でも、この私の特性、言ってみれば個性というのは他の誰にでもある訳ではなく、

 

私にだけ与えられた天性とも言えるかと思います(ちょっと言い過ぎか、笑)。

 

 

皆さんの強み、個性を発見するのに興味がありましたら、こちらの記事を読んでみて下さいね。

 

 

utakeshi.hatenablog.com

 

 

終わりに

 

転職活動を始めようと考えている皆さん、

 

まずは自分について知ることが成功の鍵です。

 

大変かと思いますが、最後まで頑張って下さいね。

『この世界の片隅に』・・・今までにない戦争映画だった・・・

はじめにããã®ä¸çã®çéã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 


映画『この世界の片隅に』予告編

 

こんにちは、ご無沙汰しておりました。

 

久々に映画レビューをしたいと思います。

 

この世界の片隅に』という映画を観ました。

 

一言で感想を言うのはあまりにも浅はかですが、、、良い映画でした。

 

あらすじを説明しますと、第二次世界大戦中の広島にいる少女すずが軍港都市である呉へ嫁入りの為に行くようになります。

 

すずは自分の意思で結婚相手を選んだのではなく、親や相手の人の都合により結婚をするようになります。

↑今の時代はありえないことですね笑

 

すずは幼少期から絵を描くことが好きで、風景画を描いて学校の先生にも褒められるほどでした。

 

そんなすずは、ぼーっとしていておっとりした少女で、嫁入り先では家事をする中で失敗続きでした。

 

すずは苦労の中、ストレスを抱えながらも必死に前向きに生きようします。

 

戦禍の火が広島の呉にも及ぶようになり、生活は苦しくなります。

 

食事は雑草や水や芋によって量まししたおかゆやご飯ばかりなります。

 

戦争によりすずは父を無くし、兄を無くし、大切な人を失うようになります。

 

そして、自身の右腕さえも不発弾の爆発により失います。

 

彼女は様々なものを戦争によって失うのです。

 

その中で、彼女は大切な人、自分を愛してくれる存在、つまり夫である周作の価値を感じて物語は幕を閉じます。

 

 

伝えたかったメッセージって?

大きく分けて三つとあると思います。

 

一つ目は戦争の悲惨さです。

 

これは、どの戦争映画でも該当することかと思いますが、

戦争がいかに残酷で、理不尽で、虚しくて、恐ろしいものかということです。

 

広島は原子爆弾によって多くの人が犠牲になり、放射能による被害も甚大でした。

 

主人公のすずは、まさに広島の惨劇を経験した人物で、その悲惨さを本作ではあまり残忍には描写されていないものの、戦争によって様々な困苦を味わったと言えます。

 

 

二つ目は家族の大切さです。

 

本作では、戦争の悲惨さよりもこちらによりスポットライトが当てられている印象を受けました。

 

どんなに生活が苦しくても、家族で協力し合い、食卓を共にし、必死に生き抜く姿はどこか心が温まる、そういった気持ちにさせてくれました。

 

現代においては、戦争がない平和な社会がありますが、本作のような家族での温かさというものは、薄れてしまっているように感じます。

 

家族の絆、夫婦の絆が衣食住恵まれた現代において、劣っているように感じるのはどこか寂しい気持ちになりました。

 

 

三つ目は前向きに生きる大切さです。

 

主人公のすずはとにかく前向きで、たくましく生きる女性です。

 

頭に円形脱毛ができたり、家族を失ったり、右腕を失っても、ご飯が満足に食べられなくても、前だけを見て、必死に生きるのです。

 

そんな彼女は、夫との絆を深め、孤児を拾って育てながら、幸せな家庭を歩んでいこうと前向きに進もうとし、物語は幕を閉じました。

 

 

終わりに

 

この作品を通して私は、今の時代が衣食住においては満たされていながらも、どこか満たされていないことに、寂しさを感じました。

 

家族の絆においては当時の方が絆が強いように感じます。

 

私自身も身近な人たち、家族や友人を大事にし、小さなことにも感謝をし、生きたいと感じました。

 

きれいごとばかり言いましたが、最終的には自分自身をより大事にし、今ある幸せをより発見したいと思います。

【大学生必見!】自分の人生に悩んだらこれを読むべし!

はじめに

f:id:utakeshi:20180430095514j:plain

 

こんにちは!

4月は入学式、入社式と新しいことばかりで新鮮な気持ちだったでしょうか?

 

でも、もう気がつくと4月も終わり、5月に入ろうとしています。

 

入学する前、入社する前、あなたは色々な目標、夢を描いていたのではないでしょうか。

 

部活やサークルに入ること、バイトをすること、資格を取ること、様々あるかと思います。

 

でも、いざ入ってしまうとその熱意もだんだん冷めていってはないですか?

 

今日はあなたの目標、夢をなす上で大事なことを伝えていけたらと思っています。

 

 

君たちはどう生きるか

f:id:utakeshi:20180430094704j:plain

 

タイトルに早速あげてしまいましたが、僕が今日皆さんにオススメしたい本は『君たちはどう生きるか』という本です。

 

発行部数200万部を超えたベストセラーで、5月からはドラマ化もされ、放映されます(写真では100万部となっておりますが、現在は200万超えてます)。

 

タイトルの通り、自分の人生をどのように生きたらいいのかが書かれている本です。

 

こちらの本は今から80年以上も前に書かれた小説を漫画したもので、学生・社会人にもわかりやすく、共感しやすい内容となっています。

 

イメージとしては自己啓発本に近いです。

 

僕は大学生の時からずっと自己啓発本を読んでおり、これまでに50冊以上は読んできましたが、その中でも五本の指に入る良い本だと自信を持って言えます!

 

以前、紹介した『嫌われる勇気』もかなり良い本ですが、この記事では『君たちはどう生きるか』を紹介していきます。

 

『嫌われる勇気』に興味ある方はこちらの記事を読んでみてください〜^^

 

 

utakeshi.hatenablog.com

 

 

 

ではそろそろ、本の内容を簡単に説明しますね。 

 

物語の舞台は1937年の東京で、一人の中学生の少年の成長を描いています。

 

主な登場人物は物語の主人公となる中学生のコペル君とその叔父さんで、叔父さんはコペル君の成長を見守る保護者のような存在です。

 

コペル君のクラスではいじめが問題となっていました。

 

クラスでいじめられている学生がいたのですが、クラスのみんなはいじめっ子にやり返されるのが怖くて見て見ぬ振りをしました。

 

でも、ある生徒が立ち上がりいじめっ子に抗議します。

 

それでいじめっ子と立ち上がった生徒で喧嘩になるのですが、その後先ほどまで見て見ぬ振りをしていたクラスのみんなも立ち上がった生徒に加勢をし、いじめっ子はリンチ状態になりかけます。

 

しかし、その後喧嘩は治りました。

 

意外なことにいじめられていた子がいじめっ子をかばったのです。

 

そのかばった姿を見て主人公ははっとしました。

 

周りのクラスの雰囲気に流れずに、人としてどうあるべきか、何が正しいのか考えるようになりました。

 

コペル君は何かができた訳ではないけれども、友達の行動を見て人として何が正しくて、何が間違っているのかを学んだのです。

 

そこで学んだことを叔父さんと話す中でコペル君は人間どうあるべきか、どういう人間になったらいいのかを学び、やがて一人前の人間に成長していきます。 

 

 

作者は何を伝えたかったのか?

 

自分の人生をどう生きるべきか、そう書いてあると最初に言いましたが、人生における大事なことって出世をするとか、お金持ちになるとか、結婚をするとか、そういった成功することだけではありません。

 

ただ成功をするということよりも、一人の人間として大事なこと、忘れていけないこと、失ってはいけないこと、そういったことを伝えたったのではないでしょうか? 

 

どんなに人生を成功したとしても、人が人らしく生きられていないのであればどうでしょうか。

 

人として大事なこと、改めて考えるきっかけになるし、これからの人生の指針となる良い本ですので、読んだことのない方は是非読んで見てください〜

あなたの周りで怒鳴る人、どう付き合ったらいいのか?

はじめに

 

ある日、通勤中に怒鳴り散らしている40代くらいの男性を見かけました。

 

その男性はどうやら通勤中、自動改札機の辺りで他の男性とトラブルになったようです。

 

事の一部分しか見ていない僕に真相は分かりませんが、その男性が怒ったのは多分、怒鳴り散らしてでも守りたいものがあったからではないでしょうか。

 

事の発端はおそらく、自動改札機の辺りで割り込まれたとか、体をぶつけられたとかそんなところかと思います。

 

誰でもそう言ったことをされれば不快な気持ちになるし、怒りたくなるものです。

 

問題なのはどうして怒鳴り散らしたかということです。

 

 

なぜ人は怒るのか?

f:id:utakeshi:20180412071813j:plain

 

そもそも、割り込まれたり、ぶつかられたらどうして怒るのでしょう?

 

自分はルールを守って並んでいるのに、そのルールを守らないでいる行為が許せないからでしょう。

 

つまり、悪が許せないということです。

 

その人は正義感が強い人なんでしょう。

 

たまたま意図もせず体がぶつかってしまったのでしたら、相手がそれに対しての謝罪がなかったこと、もしくは謝罪の態度が気に入らなかったことだと考えられます。

 

この場合、人として当たり前のことができていない相手が許せなかったのでしょう。

 

つまり、怒鳴り散らしたこの男性は正義感が強い人だと考えられます。

 

それを解決するための手段として怒鳴るということを選択しましたが、別に周りの人たちに恐怖を与えるためにやっているという訳ではないということです。

 

 

怒鳴る人とどう付き合ったらいい?

f:id:utakeshi:20180412072700j:plain


まずは相手がなぜ怒っているのか理解することが大切です。

 

それが分からずに対応するならば、かえって相手の怒りを買うばかりです。

 

その人が怒っているのには必ず目的があります。

 

怒りという感情は自分一人で生まれるものではありません。

 

必ず対象となる相手がいて成立する感情です。

 

 

例えば、あなたに一人の娘がいたとしましょう。

 

その娘はある日、ある男性によってレイプされました。

 

そして、娘はそれ以来男性のことが怖くなり、家から出ることもできなくなりました。

 

 

あなたはレイプ犯に対してどういう感情抱きますか?

 

そうです。怒りという感情を覚えるはずです。

 

娘の人生を奪われた悲しみが怒りへと変わるのです。

 

この男性が謝罪をしたところでその怒りが完全に消える訳ではありませんが、謝罪をするだけでも怒りは和らぐでしょう。

 

自分が願っていることと違うことをされた時にきっと怒りを感じるんでしょう。

 

誰でも人は自分式のルールというか倫理観を持って生きています。

 

この倫理観から外れた行為をされれば誰でも怒りを覚えるはずです。

 

友人が殺されたかと、詐欺に遭ったとか、モノを盗まれたとか、様々です。

 

改札の男性の話に戻りましょう。

 

改札の男性はきっとぶつかったら謝るというのが当然の行為だと染み付いている人です。

 

だから、それができない相手に対して失望し、怒りを覚えたんだと思います。

 

別に怒鳴り散らす必要はなかったかもしれませんが、そうすることで相手にそれを伝えたかったんだと思います。

 

 

ですから、あなたも身の回りで怒鳴っている人がいたら、少し考えてみて下さい。

 

なぜその人は怒っているのか?

何に対して怒っているのか?

 

もしかしたらあなたのちょっとした態度や言動が原因かもしれないし、他の人の態度や言動が原因となって怒っているのかもしれません。

 

まずは相手の話をしっかり聞き、その原因をしっかりと掴んで下さい。

 

そうすることで、相手の怒りは和らぐかもしれないし、あなたがどう対応すればいいのかも見えてくるはずです。

自分は弱い人間!?いや、自分を弱いと認められるのは本当の強さだって知ってた?

弱さを認められるのは本当の強さ 

f:id:utakeshi:20180409195930j:plain

 

 

新学期、新年度に入り、学校や職場に通っているあなた、いかがお過ごしでしょうか。

 

学校生活、社会生活をする中でうまくいく時、楽しい時もあれば、反対にうまくいかない時、辛い時もありますよね。

 

去年の僕はどちらかと言えば、大変な一年でした。

 

大変だったこと色々ありましたが、一言でまとめると自分の弱さに気がついたことです。

 

自分の中ではこうなりたい、こういうことをやりたいと理想ばかりが膨らみ、それに向けて一年頑張ったのですが、うまくいかず自分の思い通りにならないことばかりでした。

 

でも、その中で気づいたのはありのままの自分の姿を俯瞰し、それに合った目標を決めなくては前に進めないことでした。

 

人は大変なことがあると、大体3パターンの対応をするかと僕は思っています。

 

 

一つ目は大変なことから逃げることです。

いわゆる現実逃避です。

 

大抵の人は大変なことがあると、それを忘れようとゲームをしたり、お酒を飲んだりなどするのではないでしょうか。

 

一時的には苦痛から逃れられるかもしれませんが、問題の解決にはなりません。

 

 

二つ目は問題の責任を他人や環境に押しつけること、つまり責任転嫁です。

 

例えばAさんという高校生がいたとしましょう。

Aさんは数学や物理など理数系の科目は得意ですが、英語がからっきしできません。

 

Aさんは自分が英語ができないのは中学の英語の先生の教え方が悪かった、両親が英語を教えてくれなかった、そもそも日本人だから英語はできないと話しています。

このように自分ができない原因を全て相手に押しつけていました。

 

僕もまさにこのタイプでしたね^^;

 

Aさんが言っていることは正しいかもせれませんが、問題解決にはなりません。

 

自分ができない理由を並びたてて言い訳をしているのに過ぎないからです。

 

じゃあ、どうすればいいのか、、、?

 

 

そうです!三つ目は自分の足りなさ、弱さを認めることです。

 

人は誰でも好きなこと、得意なことがあれば、嫌いなこと、苦手なことがあります。

 

僕は読書が好きです。なぜ好きかっていうと色々考えたり、分析するのが好きだからです。

 

考えるのは好きですが、それを表現するのは苦手です。

 

人前で自分の意見を述べたり、表現をするのは苦手です。

 

初対面の人と話すのは苦手だし、緊張してしまいます。

 

僕はもっと人と話すのが得意になりたいと思っているし、誰とでもうまく付き合える人を見ると正直羨ましいなぁと思ってしまいます。

 

自分自身に落胆してしまいます。

 

でも、それでもいいんだと最近思えるようになったんです!

 

確かに僕はコミュニケーションが苦手だし、口下手な人間です。

 

でも、そんな自分だけど、他の人よりも考えることが多いので、分析力や想像力はあると思ってます。

 

その個性というか、才能というのは誰にでも備わっているものではありません。

 

あなたも自分自身のことを考えてみて下さい。

 

苦手な部分、弱いと思える部分も実は裏を返せば、強みかもしれません。

 

あなたが繊細な人であるならば、それは傷つきやすく、一見気難しい人に思えるかもしれません。

でも、裏を返せばそれだけ細かいことに気がつき、気遣いもできる人なのです。

 

そういう人は芸術の分野で活躍できるかもしれませんし、人と接する仕事には適性があるかもしれません。

 

十人十色って言いますし、誰でもその人にしか備わっていない才能、個性というものを先天的に持っているはずなのです。

 

でも、僕たちはそれに気がついていないだけなのです。

 

その才能、個性というのは与えられてはいるが、見つけられなければ持っていないのと同じだと感じるでしょう。

 

先天的に与えられた才能は自ら見つけるしかありません。

 

つまり、後天的である自分の努力によって見つけるしかありません。

 

それは、学校で勉強する中で見つけられるかもしれないし、仕事をする中で見つけられるかもしれないし、趣味を通じて見つけられるかもしれません。

 

でも、大事なのはスーパーマンのような万能な人間にはなれないということを認めることです。

 

つまり、その人にあったポジションというのはあるけれど、どのポジションでもできるという人は存在しないということです。

 

それこそが自分の弱さを認めることだし、他人を認めることになります。

 

でも、弱さを認めるからこそ、前に進めるし、成長できるし、自分の才能を伸ばせるのです。

 

自分には何の才能もないと思っているあなた、、、

 

まずは自分の足りないと思えるところ、弱みと思えるところから目を向け、実はそれが長所、強みだと認めることから始めてみてはいかがでしょうか。

成功したい!?だったらまずは考えを変えなさい!

はじめに

f:id:utakeshi:20171003194049j:plain

 

突然ですが、みなさんは自分の人生の成功って考えたことありますか?

 

誰でも一度くらいは成功について考えたことあるのではないでしょうか?

 

成功というと少々堅苦しいかもしれませんので、別の言葉で言うと充実した人生、幸せな人生と表現できるかと思います。

 

世の中には成功に関する様々な書籍があります。

 

例えば、自己啓発本がその代表例と言えるでしょうか。

 

自己啓発本には、社会で成功している人がどうやって自分自身が成功してきたのか、実体験に基づいて書いてあります。

 

だから、その本を読めば簡単に成功できるような気がします。

 

でも、自己啓発本を読んだところで簡単に成功はできません。

 

じゃあ、どうしたら成功できるのか?今日は成功について考えたいと思います。

 

続きを読む

なぜ負けず嫌いになってしまうのか?

なぜ負けず嫌いになってしまうのか?

f:id:utakeshi:20180313203625j:plain

 

 

皆さんの周りにこんな人っていませんか?

 

執拗に自分の意見を主張したり、競争をしている訳でもないのに自分の勝ちを主張してくる人が、、、

 

そうです、こういう人はいわゆる負けず嫌いって言います

 

男性たちは基本的に負けず嫌いな人が多いかもしれませんが、中にはそうでない男性もいます

 

じゃあ、なんでそもそも負けず嫌いになってしまうのでしょうか?

 

僕が思うに、負けず嫌いな人っていうのは常に人と比較をしてきた(比較されてきた)人です。

 

比較するのは常に自分よりも勝った人です。例えば、自分の兄であったり、父であったり、友達であったり、先輩であったり、後輩であったりと様々です。

 

特に幼少期に認められた経験、評価された経験が少ない人は、劣等感を抱きやすく、人と比較し、勝つことに目的をおいて生きるようになります。

 

僕自身もものすごく負けず嫌いです。

 

僕は二人兄弟で、兄がいるのですが、昔から兄と競い合っていました。

 

例えばテレビゲームをするにしても勝つまで、何度もリベンジをしてきたし、喧嘩でもやられたらやり返し、やられたらやり返しを繰り返してきました。

 

 

 

負けず嫌いは悪いことばかりではない?

f:id:utakeshi:20180401083241j:plain

 

負けず嫌いなのは悪いことばかりではありません。

 

日本のような競争社会においてはむしろ必要な要素だとも言えます。

 

負けず嫌いということは結果を重要視している証拠です。

 

勝ち負けという結果に至るまでのアプローチではなく、あくまでも相手に勝ったか負けたかだけを見ているからです。

 

僕の場合、この負けず嫌いの性格がスポーツをやっている時に出てしまいます。

 

相手が誰であろうと僕は負けるのが嫌いです。

 

バリバリにスポーツをやって極めてきた相手だろうが、初心者だろうが、誰にも負けたくはありません。

 

常に勝ちたいと思ってしまいます。

 

この僕の負けず嫌いな性格は僕が自分に自信がない証拠だとも言えます。

 

人に勝つことこそが僕という人間の価値を高めてくれる要素となっていると思い込んでいるからです。

 

でも、よく考えてみてください、、、自分が誰より一番強い存在、上の存在に立つなんて不可能な話です。

 

僕が神にでもならない限り無理です。

 

「それは分かるけど、でもやっぱり負けたくはない!」

 

そう思う方も多いのではないでしょうか。

 

ここで大事なのは誰と戦うかです。

 

つまり、目標の設定の仕方ということです。

 

例えば僕がJリーガーの方とサッカーで戦ったとしましょう。

勝つことなんて不可能です。

 

戦時中の日本であれば竹槍で戦車に突っ込んで相手を倒すなんて考えたかもしれませんが、そんな根性論は今の時代には通用しません。

 

じゃあ、誰とも競い合わなければいいんでしょうか。

 

いきなり上を見過ぎず、もっと身近な相手と競い合えればいいと思います。

 

僕はサッカーは初心者ですが、その中で自分に合った目標を決めています。

 

まずは相手のパスコースを塞ぐとか、トラップをしっかりするとか、声を出すとか基本的なことを押さえていくようにしています。

 

つまり、僕は誰とも競わずにサッカーをしています。

 

僕は自分の理想、目標に自分の気持ちが負けないにするこそが本当に大事なことだと思います。

 

負けず嫌いというのは身の回りの誰かと比べて一喜一憂するのではなく、自分の限界に対して負けを認めないことなんだと思います。