読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コットンポットたけし

なにげない疑問をとことん追求します!

最後まで突き進もう

自分の人生は一度きり、最後まで突き進もう

f:id:utakeshi:20170328223333j:plain

 

僕が今まで生きてきた中で大事にしている哲学があります。

 

それは、、、

 

『物事に限界を決めないこと』です

 

人は大概、限界を決めてしまいます。

 

例えば、大学受験を控えている高校3年生がいるとしましょう。

 

その学生は自分の学力という限られた範囲の中で志望校を決めるかと思います。

 

もちろん、それがその子にとっては安全で、リスクの少ない賢明な選択かと言えると思います。

 

ですが、そこには自分のやりたいことに対しての妥協があり、自分の能力ではこれくらいが限界だと決めつけているのです。

 

本当はもっとできるかもしれないのに、その子の潜在的な能力を引き出せませんでした。

 

結局はその子のやる気次第で、いくらでも進路は変えることができます。

 

色々学校の先生に聞いてみれば、学力以外の部分で評価をしてくれる学校があるかもしれないですし、先生から色々とコツを聞き出せるかもしれません。

 

何事もまずはやってみることですし、その中で妥協することなくやりぬくことです。

 

そうした中で答えが見えてきます。

 

自分の限界を超えることができます。

 

僕は自分に限界をつけてばかりの人だったかと思います。

 

しかし、今では限界をつけることに囚われずに、自分の限界に挑戦するようになりました。

 

『自分がどこまでできる人間なのか?』と

 

皆さんも安住せずに、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

どうしてジェラシーを感じるのか?

はじめに

f:id:utakeshi:20170318214646j:plain

 

こんばんは^^

 

たけしです!

 

いきなりですが、僕はよく人を羨ましく思ってしまうことがあります。

 

そもそもどうして人は羨ましいという感情を抱いてしまうのか、もっと言うならジェラシーを感じてしまうのでしょうか?

 

どうしてジェラシーを感じるのか?

 

f:id:utakeshi:20170327212842j:plain

 

僕がジェラシーを感じる時って、すごい輝いている人を見るときかなって思うんですよねー。

 

最初は憧れの感情が強いのですが、だんだんとそれが嫉妬になってたりするんでよね。

 

でも、どうして妬ましく思ってしまうのでしょうか。

 

理想をいうならばみんなのことをリスペクトできればいいのですが、現実はそうはいかないんですよねー。

 

なぜでしょうか?

 

やっぱり心のどこかで勝ちたいっていう気持ちがあるのかもしれないです。

 

それで、自分の方が劣勢だと感じるとその人にジェラシーを感じるのでしょうね。

 

僕は人間である以上一番になれませんし、そもそもその考えが間違っているのですね、きっと。

 

でも、どうしたらジェラシーを感じられずにいるんでしょうか。

 

ジェラシーを感じないためには?

 

f:id:utakeshi:20170327213946j:plain

 

僕はジェラシーを感じないためには、自分のことを自分でしっかりと認めることが重要です。

 

ジェラシーとは、人と比較をし、自分の評価を過度に気にしたり、もっと愛されたいと強く願うから起きる感情です。

 

だったら、まずは自分のことをしっかり自分で愛することです。

 

そうすればそんなにジェラシーを感じることはないです。

 

僕自身は昔ジェラシーの塊だったかと思います笑

 

でも、最近ではそのような感情を持つことはかなり減りました。

 

皆さんも自分を認める練習をしてみてください。

 

認めることは何でもいいと思います。

 

以前できなかったことが少しでもできるようになったのであれば、成長した自分を認め、自分の立ち位置を認め、自分がどんな人間か振り返って認め、、、

様々なことを認めると自然とジェラシーはなくなります。

料理番組始めました!

料理番組スタート!

 

皆さん、突然ですが料理番組を始めることにしました〜!

 

コンセプトは『簡単』・『早い』・『安い』です。

↑牛丼屋みたいですね笑

 

では早速ご覧ください〜

 


コットンポットたけし 5分クッキング

 

 

どうでしたか?

 

正直、動画と料理のクオリティは高くないと思います。

↑って全部じゃん笑

 

今日から料理番組を始めましたが、料理にも僕なりの哲学が詰まっています。

 

それは、無駄を無くし合理的であることです。

 

 僕にとって料理に時間をかけるのはあまり好きではないので、なるだけ短時間に作り、コストを抑えることに重点を置いています。

 

特に社会人になると自分の時間はほとんどないため、今回のような料理番組を始めようと思いました。

 

普段は外食が多く、料理をするのが面倒な私でも簡単にできる料理を増やして、外食をなくすのが目標です。

 

時間がない方、料理が苦手な方、是非試してみてください〜

なぜ人は怒るのか?

なぜ怒るのか?

 

f:id:utakeshi:20170325224257j:plain

 

人が怒る時ってどんな時何だろう?

 

怒る時って大体自分の思い通りにならない時ではないだろうか。

 

そういう気持ちになるのは自分自身に余裕がない時が多いと思う。

 

人が怒っている時って自分の期待通りにならない時や、自分の望み通りにならない時、失望する時ではないだろうか。

 

でも、僕はそうやって怒ったり、説教をしている人を見るとどうしても耐えられない。

 

なぜだろうか、、、

 

きっと怒っていることが嫌なのではなく、何の為に怒っているのかを考えてしまうからだろう。

 

怒っている理由が、その人のストレス発散であったり、その人の権威を守るためであったり、その人の立場を守るためなど、、、

 

怒る理由が相手のことを思っているならば、私は怒られてもいいが、怒っている人が自分のことしか考えていないならば、そこに教育と呼べるものはなく、ただ怒りをぶちまけているだけにすぎないだろう。

 

僕自身も他人に対して怒りを感じてしまう時がある。

 

それは、人の間違い、矛盾に気づいた時だ。

 

自分が当たり前にできていることを相手ができないと、なぜか怒りを感じてしまう。

 

それは相手に対する期待に裏切られたと感じるからであろう。

 

また、相手がズルをしているならば、それは本当に嫌です。

 

僕の中にあるそういった気持ちはまだまだ眠っているし、今現在も結構あると思う。

 

これからはそういった自分と向き合っていこうと思う。

 

ありがとうございました。

自分を認める

自分を認める

 

f:id:utakeshi:20170324233823j:plain

 

 

どうしてこんなにもコンプレックスを抱いてしまうのか?

 

私が辛いと感じる時は大抵他人と比較してしまい、自分が劣っている時だ。

 

それは僕が他人よりも勝っていたいと思うからである。

 

でも、どうして勝っていたいのか?別に勝っている必要などないのに、、、

 

結局は他人など自分の人生に関係ないはずだ。

 

だけれども僕たちは常に比較の中に生きてしまう。

 

もう競争はやめてしまっていいのではないか。

 

僕たちが求めているのは、一体何だろう?

 

勝っているか、劣っているか、それは必ず存在するかもしれない。

 

しかし、技術や知識というのは経験値の差によって生まれることが大半だ。

 

当然そこにつぎ込んだ時間に比例して技術や知識は身につく。

 

だから、そこに縛られる必要はないはずだ。

 

僕が目指しているのは何かで一位になることではない。

 

一位になることで本当に満たされるとは思えないからである。

 

結局一位になることが大事なのではなく、大事なのは自分を認めてくれる人に出会えるかどうかだと思う。

 

何かで一位になって初めて認めてもらえるのかであれば、僕は悲しい世の中だと思う。

 

他人より勝っていなければならないのか。

 

結局は自分がどこまでも凡人であることを認めることが大事だと思う。

 

凡人でありながらも、凡人になり、凡人にしかできないことがあるのかもしれない。

 

凡人であることを認めて、前を向いて生きようと思う。

効率的な生き方とは?

はじめに

f:id:utakeshi:20170323204132j:plain

 

 

 

こんばんは〜

 

皆さんは普段、どのような事に時間を使って過ごしていますか?

 

僕は本を読んだり、ネットで色々調べて情報を得る事が好きなので、なるべく他の事に時間を使わない生活をしています。

 

そこで、今日は効率的な時間の使い方について考えたいと思います。

 

効率的な生き方とは?

 

僕にとって効率的な生き方とは、自分の集中したい事にとことん集中し、他の無駄な時間をなくす事です。

 

僕の場合、本を読む事、ネットで色々調べるのが好きですから、それ以外の時間をなるだけ減らせるようにしております。

 

一日の時間は24時間ありますが、例えば寝る時間5時間、トイレの時間30分、食事の時間30分などを差し引くと18時間しか残りません。

 

また、そこから更に通勤や通学の時間、家事をする時間も引かれ、学校や職場での拘束時間を考えるとほとんど残りません。

 

この中で減らせる時間というのは、寝る時間と家事の時間くらいです。

 

寝る時間を減らすのは簡単ではありませんが、慣れてしまえば一日5時間くらいでも平気です。

 

家事の時間を減らす為には手間のかからない料理をしたり、部屋のモノを減らして掃除がスムーズにできるようにするなど工夫しております。

 

また、隙間の時間を使って衣類の洗濯をするようにしています。

 

おかげで、仕事帰りの平日でも毎日ブログを書き続けることができました。

 

僕にとって、時間はお金よりも貴重なモノです。

 

時間をお金に変えるのは簡単だけれども、お金を時間に変えるのは難しいです。

 

時間さえあれば、大抵の事はできます。

 

是非皆さんも、無駄な時間を無くして効率的な人生を送ってください。

人生成功の法則

人生の成功って?

 

 

f:id:utakeshi:20170302201215j:plain

 

 

突然ですが、皆さんは人生の成功って何だと思いますか、、、?

 

僕にとっての人生の成功は自分の存在価値を見いだすことだと思います。

 

別の言葉で言うならば、自分が生きる意味でしょうか。

 

一般的に成功している人のイメージは大手企業の社長とか、お金持ちかと思いますが、結局そういった人たちは自分の存在価値を見出しているのではないでしょうか。

 

逆に成功していない人っていうのは、自分の存在価値を見出していないように思います。

 

ただ生きているだけといった感覚でしょうかね、

 

毎日自分が望んでもいないことの為に生きているのでは、自分の生きる価値が失われてしまいます。

 

人生の成功がお金持ちになるのであれば、多くの人が失敗に終わってしまいます。

 

お金や学力などは他人と比較するためのものさしには成りえますが、人間の価値を決めるものではありません。

 

一人一人が本当に貴重な存在です。

 

しかし、その貴重さに気づけていないだけなのです。

 

 

人生成功の法則

 

人生を成功させる上で何が重要なのか、、、?

 

 

f:id:utakeshi:20170318214646j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、、、

 

『知ること』です

 

僕らはただ知らない(気がついていない)だけなのです。

 

自分の価値、目の前にある幸せ、、、

 

でも、それらに気がつくのは簡単ではありません。

 

人は何かを失った時や、極限の状況に置かれた時にそれらの価値を悟るのです。

 

人生の成功は知ることで誰でもつかむことができます。

 

知るために必要なことは、考えて、探し求めることです。

 

自分の価値とは何なのか?

 

自分にとっての人生の成功とは何なのか?と、、、

 

 

 

今夜はここで失礼します。

ありがとうございました!